旅する先生

とある中学校のどこかの個別支援学級の担任。世界一周を企みながら今日も今日とて先生してます。

生きてるだけでまるもうけ

どうも、そーすけです。

 

今日も今日とてみなさまお疲れ様です。

仕事や学校や家事だなんだ毎日大変っすね

 

 

 

『生きてるだけでまるもうけ』

BEGIN with アホナスターズ / 笑顔のまんま

 

 

 

って曲知ってます?

僕は大好きです。

 

 

 

ほんといろんなことがある毎日で

生きて過ごしてるだけでも大したもんですよ

拍手!

 

 

 

 

 

 

 

なんの話やねんって感じですよね

僕もそう思います

 

 

中学校ってところで1日の大半を過ごしておりまして

何も起きない日なんてないわけですよ

 

 

思春期まっさかりの子ども達は大変やなーって思うわけです

年齢を重ねてしまった我々としては『まあそんなこともあるやん』って思えることも、人生の一大事なんでしょうね。

“〇〇ちゃんに無視された気がする”“あの△△まじ調子乗ってる”“□□のグループからいつもひそひそ話してくる”などなど人間関係のめんどくささに直面する時期。まあ大人になっても大なり小なり悩み続けるんでしょうけどね。『嫌われる勇気』の中にあるように、人生の悩みのほとんどは人間関係って言われてますもんね。分かります。

 

 

いやなコミュニティからは逃げ出せばいい

僕なんかそう思うけど中高生には難しいよね。

今いる場所が全てやと思っちゃうよね。

実際、日本にはコミュニティが少ないと思う

 

 

 

 

 

ほんでこのややこしい状態の子どもと向き合う“親”っちゅーのは、ほんま大したもんやと思うわけですよ。僕らなんて学校にいる時間だけ、3年間だけしか密接にかかわられへんけど、親はずっとや。

 

好きだろうが嫌いだろうが、合う合わん関係なく戸籍上“親”は“親”や。

 

 

 

 

 

 

『試し行動』って聞いたことありますか?

相手が自分のことを本当に愛しているのか確かめるために、あえて嫌がる言動をして出方を試すこと。とよう言われています。主に乳幼児期の愛着不足とか言われてますけど、大人でもよういますよね。

 

 

 

 

ほんでまあ、これが地味にメンタル削られる

まあ試し行動やろうなとか思春期やからなとか思って接するけど、傷つくものは傷つく。大人やったら何言うてもええ思ってんちゃうやろな。ってなる。

 

 

 

 

とかいうて僕もばっちり思春期を過ごしてきたから文句言えません

ほんまにこんなややこしい時期をよく育てたと思います

尊敬しかない

 

 

 

なんで人間の発達段階に思春期なんてもんをつくったんでしょうね

“ココロ”なんて素晴らしくもややこしいもんがあるんでしょうね

 

 

 

まあそこがおもしろくて教員やってるわけですけどね

 

 

 

奥が深いぜー!

メンタル削られるぜー!

でも頑張りたいと思う所存でございます。

 

 

またね

 

 

 

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村