旅する先生

とある中学校のどこかの個別支援学級の担任。世界一周を企みながら今日も今日とて先生してます。

夏休みの先生

どうも、そーすけです。
こちらの学校は夏休みに入りましたが、みなさんいかがですか?

 

 

夏休みなんてねーよ!っていう社会人や
テスト真っ最中です!っていう学生もいれば
気持ちはいつだって夏休みだぜ!って人もいるでしょう

 

もちろん僕は、暑さと仕事でぐったりしてます

 

 

 

さて今日は夏休みの教員についてでもお話しましょう。

 

 

そもそも子どもが登校しない学校へ先生は出勤しているのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは簡単。
出勤してます。

 

 

夏休み学習会やらプール開放やらしてます。
もちろん部活がある場合は部活についてます。

 

 

 

 

 

 

 

ただ、僕は疑問があります。

 

 

部活も登校日でもないのに出勤義務があるのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的には出勤しなくちゃいけないらしいんすよ。
お盆も休日ではない。なんでや。

 

 

 

まあ、有給をここぞとばかりに使う人もいれば
毎日部活してるから結局休まない人もいる

 

 

 

 

ただ、非常勤や臨任の先生で
それこそ雇用の形のあるやろうけど、

有給が5日しかないらしく、部活も学習日もないけど来ないとあかん先生がおった。
8:30〜17:00まで特にやることないのに。

 

 

 

 

まあね、夏休み明けの授業準備とか教室整備とか行事の準備とか、仕事なんて作り出せばいっぱいあるけどさ、至急のものではない。

 


めったにないゆとりのある時間を大切にするべきやと思うねんけどなー。

 

 

 

働きたい人は働いたらいいし
休みたい人は休んだらいい

 

こんなシンプルなことが難しい。

 

 

 

できない理由なんて挙げ始めたら、公平性とか給与とかいろいろあるんやろうけどさ、出来る理由を考えて作っていきたいよね。

 

 

もっと柔軟でええんちゃうかな。

 

 


『ねばならない』思考は楽やけど、疲れちゃう。
もっと自由に自立して働けると思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

てかさ!そもそも日本の教員働き過ぎって言われてるねんから夏休みは休みでええやん!
毎日先生が学校にいると思うな!

 

『中学校の先生になったから、部活の顧問やから、毎日働くのが当たり前でしょ?分かった上で仕事に就いたんやろ?』

 

言いたいことは分かるけど、ちょっとちゃうやろ!

 

 

 

親が、家族が、地域が、
少しずつ考え方をアップデートしていかないと
変われないんですよ

 

 

 

今まで通りが楽やけどさ、
ちょっとずつ新しいのも取り入れていきませんか?

 

 

f:id:Sousuke23:20180723211220j:image

 

さあ、夏だよ!
何かひとつでもいい。振り返ったときにコレをやったよ!って言えるようにしたい。
2018年の夏は○○やったなあ。って言いたい。

 

 

そうして歳を重ねて生きたい。
思い出であふれる人生を。

そんじゃーね