旅する先生

とある中学校のどこかの個別支援学級の担任。世界一周を企みながら今日も今日とて先生してます。

あの日、あのとき

どうも、そーすけです。

 

起きてサッカー見てた訳でもないのに眠たい。
非常に眠たい。

こどもを見守りながら立ち寝してしまいました。反省。

 

 

 

 

 

 

 

さて、日々子どもと関わる中でさ
いつのまに自分は大人になってきたんやろうね。
ってふと考えました。

 

 

 

全然大人になれてない部分もあるけどさ


いつのまに感情のコントロールとか気に食わない人とも上手くやるとかできるようになったんやろーね。

 

 

子ども達は思い思いに過ごす部分もあれば
色んなことに気を遣ってるなーって部分も訳です。

 

 

そんな経験を経て、歳を重ねるんでしょう。
どんな大人になってくれるかね

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんには人生の転機、ありましたか?

 

 

あの日、あのとき、もしこうしていたら
今の自分はないだろう。

 

 

 

そんなターニングポイントをいくつ越えてきましたか?

 

 

 

 

 

まだ二十数年しか生きておりませんが
今振り返れば、あれが人生を変えたな。って思うことがある。

 

 

 

 

 

 

中学校のとき、バレーボール部に入ったこと


高校受験のとき、無理と言われていた学校に挑戦して入学できたこと


大学受験のとき、これ以上ないほど勉強をしたこと


大学生のとき、フィリピンへ海外ボランティアに行ったこと


就職のとき、横浜市を選んで合格したこと


働き始めて、嫁と人生を共にしようって決めたこと

 

 

 

 

 

 

 

どれも自分で決めたこと

 

 

 

意地を張った

 

 

でも自分で選択した

 

 

その結果いまの僕がいる

 

 

 

 

そして、
仕事をやめて世界一周にいく。

 

 

 

 

 

 

あの日、あのとき、こうしていたら
いつまでも思うことでしょう。

 

 

でも自分で決めた道を歩きたい。

 

 

 

 

大学生のとき、
意地を張って一人暮らしをして
やっぱり実家にしとけば良かった

そう思うこともあった

 

 

けど、自分で決めた選択こそがこれからの人生を輝かせる。

 

 


正解なんてないから選んだものを正しくさせる

人任せの人生じゃない。
自分で歩け。

 

鋼の錬金術師も言うてますね。

立って歩け、前見て進め

あんたには立派な足がついてるじゃないか

 

f:id:Sousuke23:20180703235108j:image

 

ふと思い出に浸る夜もあるさ
いい夢がみたいな

 

そんじゃーね