旅する先生

とある中学校のどこかの個別支援学級の担任。世界一周を企みながら今日も今日とて先生してます。

最大多数の幸福

どうも、そーすけです。


今日は嫁に白髪を発見されました。大人(おっさん)の仲間入りですね。はい。


でもなー、将来はツルツル坊主にしたいっていう夢もあるからなー。
坊主のじいさんか白髪のじいさんか、悩ましい問題や。

 

 

 

 

 

 

さてさて、『最大多数の幸福』ってご存知ですか?


知る人ぞ知るベンサムさんですねー。

多数が賛成なら、少数の犠牲はやむなし。
っていうあれです。

 

 

 

 

 

教員をしていて、そういう状況になることがあります。

 

 

 

 

みんなが納得できる良い形っていうのを、作ってあげたいとは思っているんですけど、全員一致とはなかなかならないっすよね。

 

 

 

『多数決の原理』より優れた議決システムが思いつかない以上、採用されない少数意見がどうしても生まれる訳です。

 

 

しゃーない。って割り切ってしまえば楽なんですが、
みんな等しく幸せになってほしいなあ。とか思う訳です。

 

 

 

 

 

昔、運動会で差をつけない。全員でそろってゴールする。っていうのがニュースというか、炎上したことが、あったと思います。


平等を意識しすぎてやりすぎ。って言われたら確かにそうかもしれんけど、運営の気持ちもよくわかる。

 

 

嫌な思いをさせたくて我々もやってるわけじゃないからね。
みんなに良い思いをしてほしいなーと思う。

 

 

 

きっとそれが甘いんでしょーね。
そんな腑抜けたことゆーとるからだめになっていくんですかね。

 

 

ガンガン厳しい状況をつくって追い込む
そういうのが今こそ必要っちゃ必要なのかもしれないね

 

 

まあどちらか極端なスタンスをとらなあかん訳じゃないけどさ、


出来る子たちや多数派を伸ばしていくことも大事やけど
ついていけない子たちや少数派をフォローアップしていくことも大事

 

 

 

 

甘々な態度も冷たい態度もとることはあるけど
そんないっぱいのもやもやが積み重なっての僕です。

以上!ぼやきでした!

 

f:id:Sousuke23:20180624231837j:image

 

 

サッカーがこのあとありますね!
きっと僕は寝落ちします!
そんじゃーねー